ドッグフードでグレインフリーが求められる理由は?

グレインフリー 未分類

ドッグフードの口コミなどを色々見ていますと、プレミアム系のドッグフードにグレインフリーという言葉をよく目にします。

このグレインフリーとはいったいどういったことなのか、まだ知らない方にとって参考になるかと思い、簡単にまとめました!

こちらでもグレインフリーのおすすめフードを紹介していますので、もしそちらを見たい方はご覧ください。

グレインフリーのドッグフードランキングTOP10!

  1. モグワンドッグフード
  2. うまか(UMAKA)
  3. カナガンドッグフード
  4. このこのごはん
  5. ミシュワン(小型犬用)
  6. 安心犬活
  7. やわか
  8. ペトコト(PETOKOTO)
  9. 馬肉自然づくり
  10. アランズナチュラルドッグフード

でした!

それぞれ公式リンクを貼ってありますので、公式サイトも参考にしてみてください。今回1位のモグワンドッグフードの公式サイトはこちら。

モグワンの公式サイトはこちら

1. グレインフリーとは

グレインフリーの定義と意味

グレインフリーとは、ドッグフードやペットフードにおいて、穀物(グレイン)を含まない製品を指します。 つまり、小麦、大麦、米、オーツなどの穀物を使用せずに、代替となるタンパク質源や炭水化物源を使ってフードを製造することを意味します。

グレインフリーのフードは、野生の犬の食性を考慮し、犬の祖先が主に食べていた動物の肉や魚、野菜、果物などを主成分として取り入れることが一般的です。 このようなフードは炭水化物の摂取量を減らし、肉類などの高タンパク質を重視するため、一部の飼い主や獣医師によって推奨される場合もあります。

グレインフリーのフードはアレルギーを持つ犬や穀物に対して消化が難しいと考えられる犬に選択されることがあります。 また、一部の犬種や個体においてグレインフリーのフードを選択することで、皮膚炎の改善や消化トラブルの緩和に寄与するとされることもあります。

ただし、グレインフリーのフードは必ずしも全ての犬に適しているわけではなく、犬の健康状態や個々のニーズに応じて選択することが重要です。 適切なフード選びのためには獣医師のアドバイスを仰ぐことが大切です。

穀物を含まないフードの特徴とメリット

穀物を含まないフード(グレインフリーフード)の特徴とメリットは以下のようになります:

特徴:

  1. 穀物不使用:穀物(小麦、大麦、米、オーツなど)を含まないため、代替となるタンパク質源や炭水化物源を主成分として使用します。
  2. タンパク質源:肉や魚などのタンパク質源が主成分として使用されることが一般的で、野生の犬の食性に近い栄養バランスを目指します。
  3. 炭水化物源:主に野菜や果物が炭水化物源として使用されます。 野菜にはビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、栄養バランスの向上に寄与します。
  4. アレルギー対応:穀物に対するアレルギー反応がある犬や、消化が難しいと考えられる犬に対して選択されることがあります。

メリット:

  1. 消化の改善:穀物を含まないフードは消化しやすく、消化器の負担を軽減することが期待できます。
  2. アレルギー対応:穀物に対するアレルギーがある犬には、グレインフリーフードがアレルギー症状の改善に寄与する場合があります。
  3. 栄養バランス:肉や魚、野菜、果物をバランスよく配合することで、犬の栄養バランスを向上させることができます。
  4. 皮膚と被毛の改善:特定の穀物に対してアレルギー反応を起こすことで皮膚炎を引き起こす犬に対して、グレインフリーフードの摂取が皮膚と被毛の改善に寄与する場合があります。

ただし、全ての犬にとってグレインフリーフードが適しているわけではありません。 犬の健康状態や個々のニーズを考慮し、獣医師のアドバイスを仰ぎながら、適切なフードを選択することが大切です。

2. グレインフリーの人気の理由

健康意識の高まりと食品選択への影響

健康意識の高まりは、近年の社会的なトレンドとして顕著に見られます。 この健康意識の高まりは、食品選択にも大きな影響を与えています。

  1. 健康への関心:人々は自らや家族の健康に対する意識が高まっています。 健康的な生活を送ることが重要視され、それによる長寿命や生活の質の向上が求められ
  2. 栄養価への注目:食品の栄養価に対する意識が高まっています。 消費者は商品の成分や栄養情報をより注意深くチェックし、バランスの取れた栄養が摂取できる食品を選択する傾向があります。
  3. プレミアムフードへの需要:ペットの健康への関心も高まっており、犬の飼い主は犬にとって健康的な食事を提供することを重視しています。 そのため、高品質な原材料と栄養バランスに優れたプレミアムドッグフードの需要が増えています。
  4. グレインフリーフードの人気:グレインフリーフードは、健康意識の高まりとペットの健康に対する理解が深まる中で、穀物に対するアレルギーのリスクを避けるために選ばれる傾向があります。
  5. 自然・オーガニック食品の需要:合成添加物を避けるために、自然やオーガニック食品に対する需要が増えています。 ペットフードにおいても、合成保存料や着色料を避ける傾向が強まっています。

健康意識の高まりにより、食品メーカーやペットフードメーカーはより健康的な食品を提供するために努力しています。 消費者の健康への関心が今後も高まり続けることで、より品質の高い健康的な製品が市場に提供されることが期待されます。

アレルギー対策としてのグレインフリーの利点

グレインフリーのフードは、アレルギー対策として以下のような利点があります:

  1. 穀物アレルギー対応:一部の犬は穀物に対してアレルギー反応を示すことがあります。 グレインフリーフードは穀物を含まないため、穀物に対するアレルギーを持つ犬にとっては穀物アレルギーを避けることができます。
  2. 消化の改善:穀物アレルギーのある犬は穀物を消化しにくいことがあります。 グレインフリーフードは消化しやすいため、消化トラブルを軽減する助けとなる可能性があります。
  3. 皮膚と被毛の改善:穀物アレルギーによる皮膚炎や被毛の問題を抱える犬にとって、グレインフリーフードの摂取が皮膚と被毛の改善に寄与することがあります。
  4. 環境アレルギーとの併用:犬が穀物以外のアレルギーにも反応している場合、グレインフリーフードはその他のアレルギーとの併用対策として有効な選択肢になります。

ただし、すべての犬が穀物アレルギーを持っているわけではありません。 穀物を含むフードに対してアレルギー反応がない犬にとっては、穀物を除いたフードを摂取する必要はありません。 適切なフード選択をするためには、獣医師のアドバイスを仰ぎ、犬の健康状態や個々のニーズをよく理解することが重要です。

3. グレインフリーと健康

グレインフリーのフードが犬の健康に与える影響

グレインフリーのフードが犬の健康に与える影響は、以下のような点が挙げられます:

  1. 消化の改善:グレインフリーフードは消化しやすいタンパク質源や炭水化物源を含んでいるため、消化器の負担が軽減されます。 これにより、消化トラブルを抱える犬にとっては、消化の改善に寄与する可能性があります。
  2. アレルギー対応:穀物アレルギーや食品過敏症を持つ犬にとって、グレインフリーフードはアレルギー対応として有効な選択肢となります。 穀物を含まないため、穀物に対するアレルギー反応を回避できます。
  3. 栄養バランス:一部のグレインフリーフードは、高品質なタンパク質源や野菜、果物をバランス良く配合しています。 健康的な栄養バランスを提供することで、犬の体調や健康の維持に寄与する可能性があります。
  4. 皮膚と被毛の改善:特定の穀物に対してアレルギー反応を起こすことで皮膚炎を引き起こす犬にとって、グレインフリーフードの摂取が皮膚と被毛の改善に寄与する場合があります。
  5. 適正体重の維持:グレインフリーフードは一般的にタンパク質の割合が高く、脂肪や炭水化物が控えめに配合される傾向があります。 適正なタンパク質と脂肪のバランスは、犬の適正体重を維持するのに役立ちます。

ただし、グレインフリーフードがすべての犬にとって適しているわけではありません。 穀物を含むフードに対してアレルギー反応がない犬や、健康状態に特別な問題がない場合には、グレインフリーフードを選択する必要はありません。 犬の健康状態や個々のニーズに合わせて、適切なフード選択をすることが重要です。

栄養バランスと健全な成長への効果

グレインフリーのフードが栄養バランスと健全な成長に与える効果は以下のようになります:

  1. 高品質なタンパク質源:グレインフリーフードは通常、肉や魚を主要なタンパク質源として使用します。 これにより、犬の筋肉の発達や健全な成長をサポートするのに役
  2. バランスの取れた栄養:グレインフリーフードは炭水化物源として主に野菜や果物を使用するため、栄養バランスが豊富で健康に必要なビタミン、ミネラル、抗酸化物質などが含まれています。
  3. エネルギー効率:グレインフリーフードは高タンパク質で低炭水化物の特徴を持っています。 この栄養バランスはエネルギーの効率的な利用を促進し、適切な体重管理をサポートします。
  4. 成長段階に合わせた配合:子犬用のグレインフリーフードは、成長段階に適した栄養素を含むように配合されています。 適切な栄養素のバランスは、骨や筋肉の発達を支援し、健全な成長に寄与します。
  5. 遺伝子組み換え(GMO)を避ける傾向:一部のグレインフリーフードは、遺伝子組み換え(GMO)の原材料を避けることを重視しています。 GMOフードを避けることで、健康的な成長に悪影響を及ぼすリスクを軽減することができます。

ただし、栄養バランスは犬のライフステージや個々のニーズに応じて異なります。 適切なフード選択をするためには、獣医師のアドバイスを仰ぎ、犬の成長段階や健康状態をよく理解することが重要です。 適切な栄養摂取により、犬の健全な成長と健康をサポートしましょう。

4. グレインフリーの注意点

グレインフリーが適さない犬種やケース

グレインフリーフードが適さない犬種やケースもあります。 以下にいくつかの例を挙げます:

  1. 穀物アレルギーがない場合:グレインフリーフードは主に穀物アレルギーを持つ犬に向けられたものです。 穀物に対するアレルギーがない犬にとっては、特にグレインフリーフードを選ぶ必要はありません。
  2. 成長期の大型犬:成長期の大型犬はエネルギーと栄養素が必要であり、一部のグレインフリーフードは必要な栄養を満たすのが難しい場合があります。 大型犬の成長期には、栄養バランスが適切に考慮されたフードを選択することが重要です。
  3. 高エネルギーを必要とする活動的な犬:一部のグレインフリーフードはエネルギー密度が低いため、特に活動的で高エネルギーを必要とする犬には適さない場合があります。 運動量が多い場合は、エネルギー要求を満たすフードを検討する必要があります。
  4. 健康状態による制約:一部の犬は特定の健康問題を抱えている場合があります。 例えば、膵炎や腸の問題を持つ犬にとっては、グレインフリーフードが適さないことがあります。 健康状態に応じて、獣医師の指導を受ける必要があります。
  5. 予算制約:一部のグレインフリーフードはプレミアムな価格帯に属するため、予算制約がある場合には選択肢に含まれないことがあります。 予算に合った適切なフードを見つけることが重要です。

犬種や個々のニーズに応じて、グレインフリーフードが適さない場合がありますが、適切なフード選択をするためには、獣医師のアドバイスを仰ぐことが大切です。 犬の健康状態やライフステージに合わせた適切なフードを選び、健康をサポートしましょう。

グレインフリーの過剰摂取による潜在的な問題

グレインフリーのフードを過剰摂取すると、いくつかの潜在的な問題が発生する可能性があります。 以下にその例を挙げます:

  1. 栄養不均衡:グレインフリーフードは穀物を含まないため、必要な栄養素が不足する場合があります。 特に、ビタミンやミネラル、特定のアミノ酸などの栄養素のバランスが悪くなる可能性があります。 これは犬の健康に影響を及ぼす可能性があります。
  2. 過剰なタンパク質:グレインフリーフードは一般的に高タンパク質ですが、一部の犬は過剰なタンパク質に対して問題を抱えることがあります。 腎臓や肝臓の健康に悪影響を及ぼすことがあるため、過剰なタンパク質の摂取には注意が必要です。
  3. エネルギー過多:グレインフリーフードは一部の場合、高脂肪でエネルギー密度が高いことがあります。 適正な摂取量を守らない場合、犬の過剰な体重増加を引き起こす可能性があります。
  4. 特定のアレルギー対応が必要なケース:グレインフリーフードは穀物アレルギー対応として人気がありますが、それ以外のアレルギーに対応するためにグレインフリーフードを過剰に摂取することは適切ではありません。 特定のアレルギー対応にはそれに適したフードを選択する必要があります。

適切なフードの摂取量やバランスを守ることが重要であり、グレインフリーフードを選択する際には獣医師のアドバイスを仰ぐことが大切です。 犬の健康状態や個々のニーズに合わせた適切なフード選択をすることで、健康的な食生活をサポートしましょう。

5. ドッグフード選びのポイント

原材料の品質と栄養バランスの重要性

原材料の品質と栄養バランスは、犬の健康と幸福にとって非常に重要です。

  1. 原材料の品質:犬に適した健康的な食事を提供するためには、高品質な原材料が必要です。 良質な肉、魚、野菜、果物などが使用されたフードは、必要な栄養素を効果的に摂取できるだけでなく、健康状態をサポートす
  2. タンパク質源:犬は肉食動物であり、タンパク質は重要な栄養素です。 高品質で消化しやすいタンパク質源を含むフードは、筋肉の発達や免疫力の向上などに寄与します。
  3. 脂肪とオメガ脂肪酸:適切な脂肪バランスとオメガ脂肪酸の摂取は、犬の皮膚と被毛の健康をサポートし、心血管健康にも重要です。
  4. 炭水化物:適切な炭水化物源(例:野菜、果物)はエネルギー源として必要ですが、犬の主食はタンパク質であることを考慮して、炭水化物のバランスが重要です。
  5. ビタミンとミネラル:ビタミンとミネラルは、健康的な骨、歯、免疫システムの機能維持に重要な栄養素です。

原材料の品質と栄養バランスが適切に考慮されたフードは、犬の健康を維持し、成長段階や特定の健康状態に適した食事を提供することができます。 獣医師のアドバイスを仰ぎながら、犬の個々のニーズに合った高品質なフードを選択することが重要です。

成犬、子犬、高齢犬に合った適切なフード選択

成犬、子犬、高齢犬に合った適切なフード選択についてのポイントを以下にまとめます:1. 成犬向けのフード:

  1. – タンパク質と脂肪:成犬は筋肉を維持するために適切なタンパク質を必要としますが、過剰な脂肪は肥満につながる可能性があるため、バランスを考慮したフードが適しています。
    – エネルギー量:成犬の運動量や体重に応じた適切なエネルギー量のフードを選ぶことが重要です。
    – 維持フード:健康で適正体重を維持するためのフードを選択します。
  2. 子犬向けのフード:
    – タンパク質とカルシウム:成長期の子犬は筋肉と骨の成長に必要なタンパク質とカルシウムが重要です。 過剰なカルシウムは成長異常を引き起こす可能性があるため、適切なバランスのフードを選びます。
    – エネルギー量:成長期の子犬は活発でエネルギー消費量が高いため、適切なエネルギー量を提供するフードが適しています。
    – 成長フード:成長期に適した栄養素を含む専用の子犬向けフードが選択肢になります。
  3. 高齢犬向けのフード:
    – タンパク質と脂肪:高齢犬は筋肉の減少や代謝の変化が起こるため、適度なタンパク質と脂肪を含むフードが必要です。
    – ジョイントケア:関節の健康をサポートするグルコサミンやコンドロイチンが含まれたフードが適しています。
    – 適応フード:老化に伴う健康上の変化に対応するための高齢犬向けのフードを選択します。適切なフード選択のためには、犬の年齢、体重、健康状態などの個々のニーズを考慮し、獣医師のアドバイスを仰ぐことが重要です。 犬のライフステージや健康状態に合わせた適切なフードを選んで、健康と幸福な生活をサポートしましょう。

6. ドッグフードの種類と特徴

こちらでは、材料や製法にこだわったプレミアムフードと、ホームセンターなどの量販店で格安でうっている量産フードなど、フードの種類と違いについて説明しますね。

またプレミアムフードとの違いについてはかなり詳しくこちらでまとめていますので、参考になればと思います。

プレミアムフードと量産フードの違い

プレミアムフードと量産フードの違いは以下のような点が挙げられます:

  1. 原材料の品質:プレミアムフードは高品質な原材料を使用している傾向があります。 一方、量産フードは安価な原材料や副産物を使
  2. 栄養バランス:プレミアムフードは栄養バランスが重視されており、必要な栄養素が適切な割合で配合されています。 量産フードは栄養価が低下する可能性があるため、栄養バランスに注意が必要です。
  3. 添加物の使用:プレミアムフードは合成保存料や着色料などの添加物を避ける傾向があります。 一方、量産フードには添加物が含まれることが多いです。
  4. 味と食欲刺激:プレミアムフードは自然な味と香りを重視しており、食欲を刺激するための工夫がされています。 一方、量産フードは人工的な味や香りが含まれることがある場合があります。
  5. 価格帯:プレミアムフードは一般的に高価ですが、高品質な原材料や栄養バランスに対する取り組みが背後にあります。 量産フードは安価な価格で提供されることが多いです。
  6. 目的別フードの提供:プレミアムフードは特定の目的(例:グレインフリー、ジョイントケア、子犬向けなど)に特化した製品が多く存在します。 量産フードは一般的なフードが主流であり、特定のニーズに対応する製品が限られていることがあります。

重要な点は、犬の健康や栄養バランスを考慮し、適切なフードを選択することです。 獣医師のアドバイスを仰ぎながら、犬の個々のニーズに合った適切なフードを選んで、健康的な食生活をサポートしましょう。

犬の健康問題への対応に適したフードの選択

犬の健康問題への対応に適したフードの選択については、以下のようなポイントが考慮されます:

  1. アレルギー対応フード:穀物アレルギー、特定のタンパク質源に対するアレルギーなど、犬が特定のアレルギーを持っている場合は、アレルギー対応のフードを選択します。 グレインフリーや特定のタンパク質源を避けるフードが選択肢になります。
  2. ジョイントケアフード:関節の問題を抱える高齢犬や大型犬には、グルコサミンやコンドロイチンが配合されたジョイントケアフードが適しています。 これらの成分は関節の健康をサポートする助けとなります。
  3. 腸内健康サポート:腸の問題を抱える犬には、プロバイオティクスやファイバーが配合されたフードが適しています。 腸内環境を整えることで消化を改善し、健康な腸内環境を促進します。
  4. 体重管理フード:肥満や体重管理が課題の場合は、低カロリーの体重管理フードを選択することで、適正な体重を維持するのに役立ちます。
  5. 子犬向けフード:成長期の子犬は特定の栄養が必要です。 子犬向けのフードは、適切なタンパク質、カルシウム、ビタミン、ミネラルをバランスよく配合しています。
  6. 高齢犬向けフード:老化に伴う健康上の問題に対応するため、高齢犬向けのフードを選択することが重要です。 関節ケアや代謝のサポートなどが含まれていることがあります。

フード選択に際しては、獣医師と相談し、犬の健康状態や個々のニーズに合わせた適切なフードを選ぶことが大切です。 また、適正なフードの量や摂取方法にも注意を払い、犬の健康をサポートしましょう。

7.犬の健康と幸福に向けた最適な選択肢

これまでいろいろとグレインフリーからプレミアムフードまで、ドッグフードについての栄養や安全性などをまとめました。こちらで説明は最後となります。

犬の健康状態と予算を考慮したフード選びの重要性

犬の健康状態と予算を考慮したフード選びの重要性は以下のような点が挙げられます:

  1. 健康状態への適合性:犬の健康状態に適したフードを選ぶことで、健康問題の予防や管理に役立ちます。 例えば、特定のアレルギーや消化器の問題を抱える場合には、アレルギー対応や消化サポートが含まれたフードを選
  2. 栄養バランスの重要性:犬の健康を維持するためには、適切な栄養バランスが必要です。 タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂取できるフードを選ぶことで、健康状態の維持に寄与します。
  3. 予算に合った選択:高品質なプレミアムフードは一般的に高価ですが、予算に合わせた適切なフードを選ぶことも重要です。 予算を考慮して、適度な価格で健康に良い品質のフードを見つけることが大切です。
  4. 過剰摂取の防止:安価なフードは低品質の原材料や過剰な添加物を含むことがあるため、過剰摂取による健康問題を引き起こす可能性があります。 健康状態と予算を考慮し、栄養バランスの適切なフードを選ぶことで、過剰摂取を防止できます。
  5. 獣医師のアドバイス:犬の健康状態に合わせた適切なフード選びには、獣医師のアドバイスを仰ぐことが重要です。 獣医師は犬の健康状態を把握し、栄養的なニーズに応じたフードを推薦してくれる専門家です。

犬の健康と幸福を考える上で、健康状態と予算を考慮したフード選びは欠かせない要素です。 獣医師のアドバイスを仰ぎながら、健康的な食生活をサポートする適切なフードを選びましょう。

愛情と配慮を持って健康な食生活を提供する方法

愛情と配慮を持って健康な食生活を提供する方法は次のような点が挙げられます:

  1. 高品質なフードの選択:愛犬の健康を考え、高品質なフードを選ぶことが重要です。 原材料の品質や栄養バランスを確認し、獣医師のアドバイスを仰ぎながら、愛犬に合った適切なフードを選びましょう。
  2. 健康状態に応じたフード選び:愛犬の健康状態に合わせたフードを選ぶことで、健康をサポートすることができます。 成犬、子犬、高齢犬などのライフステージや特定の健康問題に対応したフードを選択しましょう。
  3. 適正なフードの量と摂取方法:適正なフードの量と摂取方法を守ることで、肥満や健康問題を予防できます。 フードの袋の指示に従い、適切な量を与えることが大切です。
  4. フードの与え方に工夫を:フードをただ与えるだけでなく、愛情を込めて与えることで食欲が増し、食事の楽しみを感じることができます。 手で与える、食事の前に愛犬とコミュニケーションを取るなど、フードの与え方に工夫を凝らしましょう。
  5. 定期的な健康チェック:愛犬の健康状態を定期的にチェックし、フードの選択や与え方に必要な調整を行うことが重要です。 獣医師の診断やアドバイスを仰ぎ、健康な食生活をサポートしましょう。

愛情と配慮を持って愛犬に健康な食生活を提供することで、彼らの健康と幸福をサポートすることができます。 定期的なケアと愛情をもって、健康的な食生活を提供し、愛犬との絆を深めましょう。

8.当サイトがおすすめるプレミアムフード

それでは最後に、当サイトがお勧めするプレミアムフードについて紹介します!

おすすめは以下の通りです。すぐに商品情報が見たい方は、下のリンクから飛べますのでクリックしてください。

  1. モグワンドッグフード
  2. うまか(UMAKA)
  3. カナガンドッグフード
  4. このこのごはん
  5. ミシュワン(小型犬用)
  6. 安心犬活
  7. やわか
  8. ペトコト(PETOKOTO)
  9. 馬肉自然づくり
  10. アランズナチュラルドッグフード

それぞれ商品紹介のあとに公式サイトのリンクを貼っておきますので、興味を持たれた方は販売会社のHPよりさらに詳しい情報を拾ってもらえればと思います。

1.モグワンドッグフード

モグワン

内容量1.8kg
価格【通常購入】4,708円
【定期購入】1個:4,237円、2個:4,001円、5個:3,766円
対応年齢全年齢
カテゴリ主食
原産国イギリス
タイプドライフード
粒の大きさ約8〜10mm(ドーナッツ型)
モグワン
主原料チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%)、サツマイモ
カロリー363kcal / 100g
特徴・グレインフリー
・ヒューマングレード
・香料、着色料不使用
・欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)基準
・動物性タンパク50%以上
賞味期限未開封:18か月
開封後:3か月
販売会社株式会社レティシアン
住所東京都中央区京橋2-2-1
京橋エドグラン20F
電話番号0570-200-012
公式サイトhttps://www.mogwandogfood.co.jp
販売会社HPhttps://laetitien.co.jp/

モグワンは、とりあえずまよったから買ってみてください! というものですね。その理由は、これまで説明した通り、栄養価、安全性、管理、いずれをとっても最高です。ただ、それゆえやっぱり高いというのは否めませんが、プレミアムフードのなかではそれほど高くはありません!

よって、コスパは最高のドッグフードだと思います!

モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

2.うまか(UMAKA)

うまか

内容量1.5kg
価格【通常】5,478円
【定期2回目以降】
1個:4,930円
2個以上:4,382円
【期間限定初回のみ】
3,278円(送料無料)
※2023年2月現在
対応年齢全年齢
カテゴリ総合栄養食
原産国日本
タイプドライフード
粒の大きさ約10mm(楕円型)
うまか
主原料九州産華味鳥・玄米・大麦
カロリー(100gあたり)350kcal/ 100g
特徴・国産チキン100%使用
・着色料不使用
・小麦グルテンフリー
・ヒューマングレード
・ノンオイルコーティング
販売会社トリゼンダイニング株式会社
住所福岡市博多区千代1-17-1 パピヨン24 1F
電話番号0120-873-115
公式サイトhttps://hana.inuneko-sukoyaka.jp/umaka/lp01/index.html
販売会社HPhttps://www.torizendining.co.jp/

うまか(UMAKA)の公式サイトはこちら

3.カナガンドッグフード

カナガンドッグフード

内容量2.0kg
価格通常価格:4,708円
定期価格:4,237円
2袋以上:4,001円(通常の15%オフ)
5袋以上:3,766円(通常の20%オフ)
対応年齢全年齢
カテゴリ主食
原産国イギリス
タイプドライフード
粒の大きさ約9〜11mm(ドーナッツ型)
カナガン
主原料骨抜き七面鳥生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ
カロリー376kcal / 100g
特徴・グレインフリー
・ヒューマングレード
・香料、着色料不使用
・必須脂肪酸多め
賞味期限常温未開封で製造日より18ヶ月
パッケージに記載
販売会社株式会社レティシアン
住所東京都中央区京橋2-2-1
京橋エドグラン20F
電話番号0570-200-012
公式サイトhttps://www.canagandogfood.co.jp/cart
販売会社HPhttps://laetitien.co.jp/

カナガンドッグフードの公式サイトはこちら

4.このこのごはん

このこのごはん

内容量1kg
価格通常価格:3,850円
定期初回:3,278円
定期2回目以降:6,556円(2袋)+850円(送料)
対応年齢全年齢
カテゴリ主食 総合栄養食
原産国日本
タイプドライフード
粒の大きさ7~8mm
このこのごはん
主原料鶏肉(ささみ、レバー)、玄米、大麦
カロリー(100gあたり)343kcal
特徴・ヒューマングレード
・人工添加物不使用
・小麦グルテンフリー
・国産材料、ISOやHACCP認証国内工場生産
・小型犬の悩みに特化したレシピ
賞味期限未開封:製造日より1年
開封後:1か月以内
販売会社株式会社オモヤ
住所福岡県福岡市南区大橋2丁目1-1
大橋花村ビル5階
電話番号0120-505-462
公式サイトhttps://shop.konokototomoni.com/lp
販売会社HPhttps://omoya.group/

このこのごはんドッグフードの公式サイトはこちら

5.ミシュワン(小型犬用)

ミシュワン

内容量1kg
価格通常購入:3,980円(1袋)
定期初回:3,184円(1袋)
定期購入:6,368円(2袋)
対応年齢全年齢
カテゴリ主食
原産国日本
タイプドライフード
粒の大きさ約8〜9mm楕円形
ミシュワン
主原料肉類(鶏肉、馬肉、鶏レバー)
カロリー352kcal / 100g
特徴・ヒューマングレード
・犬にとって不要な添加物不使用
・小型犬向け栄養バランスのレシピ
・セミドライで柔らかい
・有機材料、ISO、HACCP認証の工場製造
賞味期限パッケージに記載
販売会社ラトゥーリアジャパン株式会社
住所東京都渋谷区道玄坂1-20-9
寿パークビル7階
電話番号03−4550−1138
公式サイトhttps://mishone.jp/lp
販売会社ホームページhttps://latreia.co.jp/

ミシュワン小型犬用ドッグフードの公式サイトはこちら

6.安心犬活

安心犬活

内容量0.8kg
価格

通常購入:3,630円
定期初回:1,650円
2回目以降:6,171円(2袋)
6回目以降:5,808円(2袋)

対応年齢全年齢対応
カテゴリ主食
原産国日本
タイプドライフード
粒の大きさ直径6mm×長さ5~15mの円柱状安心犬活
主原料牛肉、鶏肉、馬肉、魚肉、豚レバー、大麦全粒粉、玄米粉
カロリー(100gあたり)342kcal
特徴・ヒューマングレード
・小麦グルテンフリー
・国産の原材料
・保存料など無添加
・14日間の返金保証
賞味期限未開封:製造日より9か月
開封後:1か月以内
販売会社株式会社ライフワン
住所東京都千代田区内神田1-11-10
電話番号03-5244-5152
公式販売サイトhttps://onedogs.jp/shopping/lp
販売会社HPhttp://lifeone-inc.com/

安心犬活ドッグフードの公式サイトはこちら

7.やわか

やわか

内容量1.2kg(80g×15パック)
価格通常購入:6,578円
定期初回:4,378円
定期購入:5,920円
対応年齢全年齢対応
カテゴリ総合栄養食
原産国日本
タイプセミドライ
粒の大きさペレット状 10mm×2mm厚
やわか
主原料鶏肉、玄米、大麦
カロリー(100gあたり)287kcal
特徴・九州産華味鳥100%
・グルテンフリー
・国産原料、国産製造
・着色料、防腐剤
無添加
賞味期限未開封:製造日より1年。6カ月以上、賞味期限が残っている商品をお届けいたします。
開封後:冷蔵庫に保管し、2日以内にお使い下さい。(80gに小分けしています)
販売会社トリゼンダイニング株式会社
住所所在地福岡市博多区千代1-17-1
パピヨン24 1F
電話番号0120-873-115
公式販売サイトhttps://hana.inuneko-sukoyaka.jp/yawaka/lp01/index.html

※価格は税込みです。

やわかドッグフードの公式サイトはこちら

8.ペトコト(PETOKOTO)

9.馬肉自然づくり

馬肉自然づくり

内容量1kg
価格通常購入:3,300円~
定期初回:2,640円~
定期購入:2,970円~
対応年齢8か月以降より徐々に
カテゴリ主食 総合栄養食
原産国日本
タイプドライフード
粒の大きさ8~10mm 平たい円形
馬肉自然づくり
主原料馬肉、鶏肉
カロリー(100gあたり)399kcal
特徴・ヒューマングレード
・生馬肉100%
・国産原料
・無添加
賞味期限開封後1か月
販売会社株式会社 利他フーズ
住所熊本県熊本市中央区坪井2-1-42 5F
電話番号0120-397-111
公式サイトhttps://kenko-dog.com/lp/banikushizendukuri-teiki/
販売会社HPhttps://kenko-dog.com/

馬肉自然づくりドッグフードの公式サイトはこちら

10.アランズナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフード

内容量2kg
価格

通常:4,708円
定期1個コース:4,237円(10%OFF)
定期2個以上:4,001円(15%OFF)
定期5個以上:3,766円(20%OFF)

対応年齢全年齢対応
カテゴリ主食
原産国イギリス
タイプドライフード
粒の大きさ直径約8~10mm ドーナツ型
主原料ラム、サツマイモ、豆類
カロリー(100gあたり)342kcal
特徴・グレインフリー
・香料・着色料不使用
・鶏牛豚肉不使用
・欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)基準
賞味期限開封後、酸化を防ぐために密閉し冷暗所で保管し、2週間程度で使い切るようにしましょう。
販売会社株式会社レティシアン
住所東京都中央区京橋2-2-1
京橋エドグラン20F
電話番号0570-200-012
公式サイトhttps://www.naturaldogfood.co.jp/cart
販売会社HPhttps://laetitien.co.jp/

アランズナチュラルドッグフードの公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました